読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父の昔からの夢 ◆南米横断編◆

中南米コスタリカになんちゃって留学をしている父。

その頃、私は南米チリで住んでいました。

そしてめったに連絡をしてこない母からの唐突な便り。

 

『お父さんが昔から夢だった南米横断をバスでするって言ってる』

 

は?そんな夢ありましたっけ???

次から次へと夢が出てくる我が父。

 

『心配だからお供お願い!』

 

え”えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!?

 

南米横断をバスでぇーーーーーっ???

はぁ、、、気が遠くなる旅だわ。

 

とりあえず、ま、親孝行ということでお供することに。

コロンビアはいくら私が付いていても身を守れる自信がない為、

エクアドルで待ち合わせねっ♪と父に連絡。

そして私は下調べを兼ねて、南米チリ、サンティアゴから一足お先に北上バスの旅。

直行便などあるはずもないので、ちょこちょこ下車しながらの旅。

 

まずチリとペルーの国境越え。

そんな大それた?国境ではなく小さな橋があって、それを徒歩で渡ってペルーに入国。

1分もかからないボロボロに朽ちかけた橋。

ただ、南米でも比較的治安が良いチリに比べ、ペルーは最悪。

このボロボロの橋の上で子ギャング?に囲まれ金をせびられる。

拳銃?らしきものを突き付ける舌足らずのちびっこたち。

はぁ、、、溜め息。

小銭をわざと橋からばら撒き『欲しければ自分で取ってこい』と言い捨て去る私。

 

先行き思いやられるわぁ~(=_=)

 

そして、ペルーからエクアドルへ、、、

あぁ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

早速早速、エクアドル入国で一悶着がぁーーーーーっ!!!

 

つづく