読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Perro guardian?

¡viva! ¡サンティアゴ・デ・クーバ! 

 

2回目のお引っ越し先のお家は番犬つき物件

屈強な戦士?ドーベルマン!つき

これは心強いぞ。

しなやかな身体になんだかわからないけど強そうな凛々しいお顔。

さ、お家に入りましょ♪ 見張りよろしくねっ♪

・・・って、家に入れないぃぃぃぃぃーーーーーっ!?

番犬過ぎて私も家に入れないという非常事態発生!

飼い主(大家さん)にしか懐いていないという話・・・

大家さんは別の場所に住んでいる訳だから、結局誰も家に入れない。

はぁ!?

誰の番犬じゃぁーーーーーーーっ!!! ←私じゃない事は確か

 

門扉から玄関ドアまで猛ダッシュ!を繰り返すこと数日・・・

お尻咬まれたぁーーーーっ!!!

 

これはいかんいかんいかんっ!

毎日の猛ダッシュも限界に・・・

と、いうことで大家さんにクレーム。 ←ぷんぷんっ

大家さん重い腰(なぜ?)を上げてドーベルマンを犬の訓練学校に入れると約束してくれた。 ←え?っていうか教育してなかったの?

 

1週間後、さらに凛々しいお顔になって戻ってきた。 ←大丈夫か?

恐る恐る門扉を開ける。 ←どきどきっ

ドーベルマンと目が合う。 ←ひぃ~!!!

と、尻尾を振って近寄ってきた。 ←ほっ

 

なかなかの成長を遂げた番犬であった。