読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2泊3日入院物語 ☆入院デビュ~★

私はなかなかの健康優良児でいままでの人生を幸運に過ごしてきました。

だから、発展途上国でもどこでも住めるのです。←医療費かからないから

ところが、ところが、去年の人間ドックに引っかかり、再検査・・・

あれよあれよと言う間に手術することになり、、、

人生入院が決定!

 

手術といっても人によっては日帰りの場合もあるという超簡単な手術。

身体を切りもしなければ穴も開けない。

初手術なのでこんな感じでよろしいかと・・・(^_^.)

 

入院当日、午後2時に来てねといわれていたのでその通りに行く。

簡単な受付をし、手首に生年月日付きのネームバンドをつけ、病室に。

おっと、その前に簡単な問答が、、、

下半身麻酔をするために事前にいろんな検査を受けていたのですが、

かなりの優良児指数で検査を通過していたので看護士さんがびっくりですよ。

なぜここに(病院)にいるんだ?的な私。

 

お風呂は9:00~17:00までだからねといわれ驚愕!

え”っ?17時???

しかも使用は最長30分。

いやぁ~厳しい厳しい。

と、いうことで入院即風呂とテキパキと動く私。

 

お風呂入っちゃったら後の楽しみはご飯しかないわ。

ひたすらご飯の時間になるのを待つ私。

ご飯は18時。

楽しみに待っていた私はあまりの量の少なさにこれまた驚愕!

すっ、少なっ!

ご飯食べてお腹が鳴るって初めての体験だわ。

 

デザートを買いに行こうかどうか(病院内にコンビニ発見)迷っていたら、

看護士さんが下剤の薬を持って登場。

あ、下剤があるのね、、、ってことはあまり食べるときついなと理解する私。

21時以降絶対に食うなよ飲むなよ(水は許す)としつこく言われ頷く私。

 

暇だな・・・

早く帰りたいな、、、とホームシックになったのはお腹が空きすぎてすることなくて自主消灯に入った20時であった。

 

こんな早く寝た事ないわ。

すごっ、私。

 

入院デビューはお腹がぐぅぐぅ、きゅるきゅる鳴る夜であった。