読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼の記憶のバレンタインデー ☆ St Valentine's Day ☆

中学校の同窓会に、んん十年ぶりに出席した時の話。

みんなそれぞれに変化を遂げ、禿げたり太ったり・・・ぷっ

もはや誰だか分からないけど、でも楽しいからいいや的ないい感じでお酒も入り2次会、3次会に突入!

 

2次会からずっと隣にいた酔っ払い男性が唐突に、

『もしあの時俺ら付き合っていたらいまどうなっていたんだろう』と・・・

へ?あなた誰?

『中3の時、チョコレートくれただろ?』

そうなの!?って、私、チョコレートをあげたことないんですけど???

 

彼の話では、遙か昔、私たちが中学3年生の頃、その年のバレンタインデーは日曜日だったそうです。

彼は外出していて家に帰ってくるとチョコレートが・・・。

彼のお父様の話で『女の子が持ってきた』そうで、、、

ちょいモテしていた彼はいくつかチョコレートを貰っていたので、

そんなに気にすることもなく月日は流れ、、、今日のこの日(同窓会)。

 

彼とは中学だけで高校は違ったし、←彼の正体が分かった(・_・;)

中学もクラスが一緒になったのは2年生だけだったような???

付き合うも付き合わないも、正体が分かっても共通の思い出の無い私たち、そんなに親しくもなかったぞ?

中学の頃の私に全く興味もなかったのに、今更感がすごいなぁ~(-"-)

 

友人の話では、彼の人生は正に女問題で波乱万丈だったそう。

なぜそのチョコレートの送り主を私だと彼が思っていたのかは不明ですが、

それぞれの思い出って都合よく塗り替えられていくんだなぁ~と実感。

 

そのチョコレート、私じゃないから。