読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

母の考える娘たちの評価 ☆いくつ?

そんな5つ☆の妹は地元の高校を卒業し東京の大学へ旅立っていきました。

大学卒業後も地元に戻ることはなくそのまま某企業へ就職。

地元には年に2度ほど帰省、盆と正月ですね。

学生の頃は両親が出す帰省費用を受け取っていたそうです。

 

さて、ここから、☆の全くない姉(私)と比べてみます。

就職するまではきっと同じ条件だったと思うんですよね。

親のすねかじりってとこは。

 

帰省にしても、妹の年2回には程遠い5,6年に1回あるかないかですから比べようがない、と普通は思いますよね?

しかし、身内の評価は甘くない。

 

日本までの費用はもちろん私の自己負担(←当たり前)、でも、その後は・・・

『(飛行機)チケット取っておいてねぇ~』『日本で買う方が安いからぁ~』と私。

はいはいと母は快く承諾し、予約して購入して私に送ってくれていました。

『日本円がないから後で(支払い)いい?』と払いもしないのにぬけぬけと私。

いいよいいよと母(どうせあんた払うつもりないんでしょ)。

『え?本当にぃー!嬉しいっ!ありがとう』、以上、茶番劇。

 

そして、5つ☆の妹の場合。

『これチケット代』と母がお金を渡すも受け取らず。

仕事が忙しく已む得なくチケットを母に頼んだときは、東京へ戻ったあと母の机の上にお金の入った封筒と一緒にお礼状を添える心遣い。

こっそり母が妹のスーツケースにお金を入れてても郵送して戻ってくるお金。

しかも少し多めにお金は戻ってくる。

素晴らしい!

 

☆がつくってこういうことなのね。