読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そんな父、中米コスタリカに留学する

そんな父が(どんな父?)どうやら夢を持っていたらしい。

 

母から唐突に報告を受けたとき、私は南米はチリ(República de Chile)、サンティアゴ・デ・チレ(Santiago de Chile)に住んでいました。

『お父さん留学するって』

へぇ~?どこに?

コスタリカ(República de Costa Rica)』

 

私はチリに南下するまでコスタリカで1年間スペイン語(Español)を勉強してたのです。

父は密かに私が羨ましかったみたい。

そんな矢先、先に退職をした母が中国に留学しちゃったんですね。

父はまだ現役だったので母のことも羨ましかったらしい。

そして母が帰国し、今度は父が無事退職。

やっほぅ~♪\(^o^)/

と、いうわけで嬉々として母に『留学する』と。

 

そこで問題になるのは父を溺愛する祖母の説得。

祖母は母が中国に留学するときは全くの無反応無関心で、

私が中米コスタリカにいるときも『楽しそうねぇ~』とニコニコしていたのに、

父が同じ国のコスタリカへ留学すると聞いて・・・

『駄目よ!あんな危ない国!許しません!』もの凄い勢いで猛反対。

私はよいのに???^_^;

母は一方的に祖母に叱られなんだか腑に落ちない様子。

当の父は心は既にコスタリカァ~るんるんっ♪

 

と、一悶着ありましたが結局、父の決意は固く父の兄弟、姉が大泣きする祖母を説得し、父はコスタリカへ旅立つこととなったのでした。