読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父は箱入りお坊ちゃま お小遣い編

父方の祖母は父たち、祖母の子供たちが大好き。

私たち、祖母の孫たちは子供にくっついてくるただのおまけ。

 

祖母のお家に行くといつもお小遣いをくれます。

学生の頃はそれで良かったのですが、

私が働き出してから祖母にお小遣いを貰うと母が怒るんです。

『もう社会人なんだから!』

でも、断っても断っても祖母はずっと私にお小遣いをくれました。

私が日本を出てからは5,6年に一度会うか会わないかになってしまったので、

『くれる』というものを断るのも忍びない?と母が鬼のように私を睨み倒していても、気にせずお小遣いを受け取っていました。

父は、一応は怒る母に追随して『もう子供じゃないのに仕方ないなぁ』と言うのですが、結局は『まぁまぁ、久々の日本なんだから』と母と私の間に立ち私を庇っていてくれて、庇って・・・いや庇っていなかった!?

 

あるとき私は知ったのです。

父も祖母にお小遣いを貰っていたことを!

はぁ?

還暦過ぎたおっさんが80過ぎたおばあちゃんからお小遣いもらっているだとっ!?

なにが、『お前はもう子供じゃないんだから』、だ!

お前にその言葉そっくりそのまま返してやる<(`^´)>

あ、いや還暦は過ぎているけど祖母の子供か・・・