読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父は箱入りお坊ちゃま ブレーカー落ちる編

父は世捨て人、ではありませんが世間ズレしたお坊ちゃまです。

 

ある日の早朝、もの凄く大きな雷が鳴り響きました。

私はちょうど出勤時間だったので、そのまま出掛けちゃいました。

毎日が日曜日(祝ご隠居★)の父はまだ寝ていたのでそのまま声もかけずに。

そして一日の仕事を終え帰宅。

 

『今朝大きな雷が鳴ったの知ってるか?』

うん

『ふぅ~ん』

何かあったの?

『ブレーカーって分かるか?』

分かる

『え”えっ!?』←そんな驚くようなこと???

何かあったの?

『今朝起きたら停電になっていて』

『さっきの雷だと思ってしばらく待っていたんだけど』

『何時間待っても一向に電気が復旧しないから』←大好きなNHKラジオ講座も楽しめないから

『様子を見に外に出てみた』

『隣の〇〇さんがちょうど庭にいたから』

『お宅も停電でしょ?って聞いたら』

『停電なんてなってないって言われた』

『それで周りをよく見て見たら』

『どうやら停電してるのはうちだけみたいで』

うんうん、で?

『電力会社に電話した』

『そのひと(電話に出てくれた担当者さん)が今朝の雷で停電になった地域はありませんって』

『でもうちは停電なんです!ってちょっと怒って言った』

『おかしいですねぇ~ってそのひと困って』

『ブレーカーは確認しましたか?って』

で?

『ブレーカーなんてない』

は?

いやいやあるはずでしょーーーーっ(ーー;)

『うちにはそんな(ブレーカー)ものはない』

 

こうなるとなぜか無意味に頑固になる父はすったもんだの挙句、

『言ってることが分からん』

分からん分からん分からん<(`^´)>

困り果てた担当者さん、『ブレーカーを上げに』家まで来てくれたそうです。

 

〇〇電力会社の担当者様、父が大変お世話になりました。

 

ブレーカーを上げるだけに電力会社さんが家に来てくれるって・・・(-"-)