読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Termino hoy

やっとハバナに到着ぅぅぅぅ~!!!

なんとなんと、ほぼ34時間、、、←所要時間

こんなの余裕で日本に帰れてるよ・・・

 

あ、何のことかと言いますと、

サンティアゴ・デ・クーバから長距離バスに乗りはるばるとハバナにやってきた、って話です。

 

バスターミナルに到着した時の感想は、

 ←あまりにも所要時間が長く疲れ果てた

で、時計を探して時間を確認、、、

・・・只今18時過ぎ・・・

はぁ~、34時間かぁ~、長かったぜ・・・がっくし

 

おっと、こうしてはいられないっ!

日本大使館に電話電話っ!

おっ、公衆電話発見発見っ!!!

さささっ、と駆け寄り受話器を外し、、、

はっ!コレクトコールできない電話機だーーーーーっ!!!

ガーーーーン!

お、お金、、、お金落ちてないか???

きょろきょろ、、、えぇ~んっ!!!

落ちてないぃぃぃぃぃ!!!

呆然と受話器を片手に立ち竦む私・・・

バスターミナルは大変な混みようで目まいがしそう(涙)

 

と、後ろから声がかかる。

振り返ると、バスで一緒だったおっちゃんが心配そうに私を見てる。

どうやら「どうかしたのか?」と言ってくれているみたい。

電話、お金、私、無い、困った困った、と身振り手振りで説明。

理解したおっちゃんが私の電話機にお金を入れてくれる。

よっしゃ!

 

ツルル、ツルル、ツルルルルゥ、ツルル、ツルル、ツルルルルゥ、

早く出ろっ!(怒)

ガチャ、「なんたらかんたら~なんたらかんたら~(スペイン語)」

ほっ、やっと日本と繋がった感じっ♪

と、思ったのも束の間、「着きましたぁ~(助けてぇ~)」と言う私に、

・・・何と言ったと思います???

「遅かったですね」

はぁ?すみません、バスが・・・

「本日の業務は終わっていますので、明日、来てください」

へ?なんですと?

「とにかく本日はもう閉館です」

はぁ?

ガチャン←受話器を置く音

 

どう思います???

お金がない私を、ハバナのバスターミナルに置き去り(ちょっと違うか?)。

業務時間が終わっている???

はぁ???アホかっ!

信じられないぐらい情けない対応をする日本大使館

パスポートも持っていない私が泊まれる所があるというのかっ!?

一体そんなのでどうやって私たち日本国民の安全を保障してくれるのか答えてみろ!

 

メラメラメラーーーーーっ←怒りの炎

 

と、また後ろから声がかかる。

どうやらおっちゃんはサンティアゴ・デ・クーバからずっと私を心配してたみたい。

言葉も喋れない、お金も持っていない、身分証明になるパスポートすらない。

無国籍状態の私。

 

大使館、仕事しない、電話切る、私、泊まる所ない、ああでこうで、きぃぃぃぃぃーーーーっ!と、得意のジェスチャーで説明。

うんうん、とおっちゃんは私の話を聞いて、どこかに電話。

「なんたらかんたら、なんたらかんたら~(スペイン語)」

心細げにおっちゃんにくっついている私にウインクして、おっちゃんは電話を切った。

で、メモ用紙が無いので、下に落ちていた新聞紙を拾い上げ何かを書きだした。

それを私に渡すと頭を優しくポンポンっ

で、なぜかおっちゃんは安心した笑顔を見せて去って行った。

 

・・・?

なにやら住所っぽい・・・?

ここに行けということか?

ん?

私の頭には多くの『?』が・・・

ま、とにかくここでいてもしょうがないし。

 

新聞の切れ端を握りしめ、夜のハバナに消えていく私であった。

おっちゃん、あなたは私の大使館です。

 

つづく