読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

It's just a shower

日本は、ばばばばんっと南から順に梅雨入り宣言!

この時期、私はいつも傘を買うかどうかで迷います。←1本も持ってません (・・;)

気に入った傘があっても、お金を出してまで欲しいとは思わない・・・

これは今まで生活をしてきた国の環境?文化?にも関係してるのかもしれないなと最近思います。

 

◆ イギリスでのある日の午後 ◆

Cambridge(ケンブリッジ)で友達とTea Time in the Garden(ガーデンでティータイム)をしていたら・・・

霧の様な、でも絶対雨!って感じの水滴が空から降り注いできた。

『あっ、雨だ!(建物の)中に入る?』と私。
『そうだね』と友達、、、そして椅子から立ち上がろうとした時に、
彼女のBoyfriend(日本語だと彼、恋人)が、
『待てよ、小雨(shower)だよ、大丈夫だよ、大丈夫♪』←君たちは全く大げさなんだから、、、と言わんばかりに・・・
そう?と、また椅子に座る私たち・・・が、だんだん大粒の水滴になっているような???
彼を見ると、『小雨(shower)だよ、すぐ太陽が顔を出すさっ』←意地でも動かない
 
太陽が顔を出すのを(出すのか?)じっと待つ私たち・・・
他のテーブルにいた人たちは既に建物の中に入っているぞ!?
サンサンと降り注ぐ太陽ではなくて、・・・
これは絶対、雨。
 
ドシャ降りになってきた私たちを建物の中から微笑ましく?眺めている避難した人々。
いやっ!もう我慢できない!ずぶ濡れじゃんっ!!!
石のように動かない彼を置き去りに私たちは立ち上がる!
と、しぶしぶ、本当にシブシブって感じ(笑)で彼が、
『小雨(shower)なのに、すぐ止むのに、全く君たちは仕方ないなぁ~』と、
でも、とっても嬉しそうに、びっしょり濡れた姿で笑顔を見せるのであった。
 
私のその時の捨てセリフ、
Shower(霧雨)じゃないから、Rain(雨)だから!!!