読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Me zapatos por favor

まず、着の身着のまま(←文字通り)の私がすることは、

クレジットカードの停止、と、パスポートの再発行。

特にパスポートは、これが無いと外国では話になりません。(ーー;)

お金なんて、服なんて、パンツなんて、靴なんてどうにでもなります。

いや、靴は置いて行って欲しかったかも・・・

裸足だと足の裏が痛い。

 

あ、なんの話をしているのかというと、

私はサンティアゴ・デ・クーバで泥棒に全部、本当に全部盗られちゃったんです。

 

とりあえずそういうわけで、サンティアゴ・デ・クーバで一番高級なホテルMelia Santiago de Cubaへ走る。もちろん裸足で・・・

このホテルのセキュリティーは素晴らしく、あきらかな観光客(外国人)でもパスポートの提示を求められるほど。

裸足で走り込んでくる私はもちろん入口で止められる。顔も洗ってないしね。

パスポート?そんなものないわっ!

片言のスペイン語も話せない私に何を求める!

っていうか、状況見てみろっ!!! ←状況を見るととてもホテルの中にはいれてもらえないけど・・・

気迫が功を制し、第一関門突破!

更に裸足でゴージャスなホテルロビーを軽やかに横切る。

目指すは公衆電話。

そう、共産国というのもありますが、発展途上国の為、電話がそれほど一般に普及されていない。国際電話なんてさらに高度な電話機?が必要。

と、いうことでこの一流ホテルにやってきた私。

まず、クレジットカード会社へ・・・って電話番号分からんわぃ!

だっていろいろメモってたのも、ずぅ~えぇ~んぶ、盗られてるんだもん。

ちっ、

日本の母へコレクトコール依頼をしてもらうことに。

これがまたひと騒動・・・

オペレーターがスペイン語なので母が何を言われているのか分からない。

・・・3も電話切られた。

『まだ(コレクトコール)する?』と気の毒そうに尋ねるオペレータに、頼むから私に喋らせてくれとせがみやっと、本当にやっとって感じで母に繋がった・・・

やっぱ裸足だと気迫が倍になるね。

言葉の壁を越えてるもん。

 

・・・誰か私に履くものをください。

 

つづく