読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

La mañana en que me convertí en un odio Cuba

曲者の侵入(う〇こ泥棒)から数日後、すっかり気を取り直し、お引っ越しパーティを開いた私たち。

ご近所さん、友達、友達の友達、友達の知り合い、そのまた知り合いの知り合い、の友達・・・と、大勢の人たちを全員ウェルカムで招待した私たち。

楽しい夜だった。

サンティアゴ・デ・クーバでの一番の楽しい夜になるはずだった。

飲んで歌って踊って、、、笑顔が弾けてた。

夜も更け、でも、パーティは終わらず、みんなみんな陽気な酔っ払い。

私はうとうとして・・・記憶が弾け飛んだ・・・

でもいつものように楽しい眠りになるはずだった。

が、世の中そんなに甘くない

最初の試練が訪れた。

 

誰かが私の名前を呼びながら私をぐぃぐぃ揺り動かす。

頭はガンガンに痛い。

吐き気もする。

完全な二日酔い・・・どころではなかった!?

 

何も無い!

 

昨日の事を思い出そうとするけど、途中から全く思い出せない。

やられた!薬(睡眠薬?)を盛られた!

 

私に残されたのはこの今着ている服(黒タンクトップに超花柄短パン)のみ。

靴すら無い・・・

 

最悪最悪最悪最悪最悪最悪。

 

天国から地獄、いままでの楽しい日々が人々が全てが一瞬にして一気に憎しみに。

キューバキューバ人全てを嫌いになった朝だった。

 

ちっ、今思い出してもムカつくぜっ(怒)