え?あの人じゃないの?

Fidel Alejandro Castro Ruz… フィデル・アレハンドロ・カストロ・ルスは、キューバの政治家、革命家、軍人、弁護士。社会主義者で、1959年のキューバ革命でアメリカ合衆国の事実上の傀儡政権であったフルヘンシオ・バティスタ政権を武力で倒し、キューバを…

まちゃ王子の旅立ち 怒る編

ったく、本当に大人げないっ"(-""-)" まちゃ王子、異国の地で迷子になったのですが、、、 ま、なんだかんだすったもんだの末に無事なんとか保護いたしました。 わかるよ、わかる。 そりゃあ怖かったよね、初めての外国で、初めての場所で、・・・迷子。 助け…

うちの猫長女、ガリガリですよね?

私のお家には、猫ちゃんが3ニャンいます。 長女7才、長男6才、で、次女5才。 数年前にある事情でそれぞれ譲り受けたのですが、その話はのちのちするとして。 長女ニャン、長男ニャンは廃業したブリーダーから私のお家に。 このブリーダーがめちゃくちゃ、こ…

まちゃ王子の旅立ち 迷子になる編

まちゃ王子はどちらかというと、体育会系男子。 幼いころからテニスをしていてなかなかの腕前。 テニスといえばウィンブルドン (Wimbledon)ですね、せっかくイギリスにいるのだから。 でも、私は全くテニスに興味がないのでイギリスに住んでいたといっても …

まちゃ王子の旅立ち カルチャーショック編

出国のその日までしっかりと時差対策(昼寝)をし終えたまちゃ王子。 いざ留学に向けThe United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland(←長っ)に出発っ! で、到着っ! London Heathrow Airportに到着したのは17:10。 さっ、王子、入国手続きを…

まちゃ王子の旅立ち 準備編

仲の良い従妹の一人息子が、なんとなんとっ! イギリスの大学の、大学院に、留学することに! パチパチパチ! 大事な大事な一人息子。←私の息子ではないが 蝶よ花よと過剰な愛情を受け、すくすくとお坊ちゃま一筋でお育ちになった、まちゃ王子。 おめでとー…

◆ IC旅券で恥をかく・・・編 ◆

まず、 IC旅券とは、旅券冊子中央に非接触IC(集積回路)チップを搭載したプラスチックカードが組み込まれ、ICチップには旅券名義人の氏名、国籍、生年月日、旅券番号等の旅券面情報のほか、貼付された写真から読み取った顔画像が記録されます。 とのことで…

ちぃ~っす(^^)/

なんだか久々に、って感じですが、 わたくし、イングランドとヘルシンキに行っておりました(´∀`) まず、イギリスに行くことが決まり、考えるのは航空ルート。 いま危ないでしょ・・・(´・ω・`) んで、長々と時間をかけるのも、い、やっ! んん十年前は、「…

(;´д`)トホホ・・・ ぎっくり姉さん

私の一番の自慢は健康です。 胃腸も、便通も、すこぶる良く、どの国でもどんな現地食でも適応しちゃうへっちゃらさんです。 肩こりも、腰痛も、ほぼ無縁の私。 だから確かに調子に乗っていた。自分を過信していた。 数日前の夜のこと、車から降りる際に後部…

父の昔からの夢 ◆南米横断編◆

中南米コスタリカになんちゃって留学をしている父。 その頃、私は南米チリで住んでいました。 そしてめったに連絡をしてこない母からの唐突な便り。 『お父さんが昔から夢だった南米横断をバスでするって言ってる』 は?そんな夢ありましたっけ??? 次から…

入院物語の後日談 もっと早く言ってよぉ~!編

術後、髄液を求めひたすら水を飲み続ける私に通院の日がきました。 退院して早4日、、、 頭痛はだいぶん収まってきてはいるのですがいまいち本調子ではない。 起き上がると数時間の勝負! なぜならすぐに頭痛が襲ってくるから。 何度か果敢に挑戦するも直ぐ…

入院物語の後日談 髄液カモンっ!

お家に帰ったのはいいんだけど、どんどん頭痛がひどくなる。 起き上がるとダメ、横になると大丈夫。 なんとかならないかとネット検索にすがる私。←便利な世の中になったわぁ~ で、答え(多分)にたどり着く ↓ 病院で手術の際に腰椎麻酔をする事があると思い…

2泊3日入院物語 ★無事退院☆

そして最終日、、、 朝食を心待ちにしている私。 確実に胃はちっちゃくなったと確信する。 待ちに待った朝食・・・す、少なっ(ー_ー)!! 断食道場にきてるみたい。 『昼食食べてから退院します?』と聞かれ『いえ、もう帰ります』と迷いもせずに答える。 もう…

2泊3日入院物語 ★手術デビュー☆

いよいよ手術当日の朝。 私をスルーして隣のベットの人に朝食が配られる・・・。 そうだよね・・・下剤飲んでるもんね朝食なんてもらえないよね(T_T) お腹空いたなぁ~この世の不幸を背負う気分。 そして『おはよっ、浣腸しますねっ♪』明るく看護士さんが近…

2泊3日入院物語 ☆入院デビュ~★

私はなかなかの健康優良児でいままでの人生を幸運に過ごしてきました。 だから、発展途上国でもどこでも住めるのです。←医療費かからないから ところが、ところが、去年の人間ドックに引っかかり、再検査・・・ あれよあれよと言う間に手術することになり、…

彼の記憶のバレンタインデー ☆ St Valentine's Day ☆

中学校の同窓会に、んん十年ぶりに出席した時の話。 みんなそれぞれに変化を遂げ、禿げたり太ったり・・・ぷっ もはや誰だか分からないけど、でも楽しいからいいや的ないい感じでお酒も入り2次会、3次会に突入! 2次会からずっと隣にいた酔っ払い男性が唐突…

その男がおでぶちゃんになった理由 あぁ勘違い編

今の職場に入った当初、中肉中背の同僚〇〇さんがいたはず。 いたはず、というのは今はもういない(中肉中背ではない)という意味です。 その〇〇さん、もとい、おでぶちゃん(♂)は、ここ1,2年で20㎏は太ったのではないか、と。 巨漢ではなくぽちゃぽちゃ…

母の考える娘たちの評価 ☆いくつ?

そんな5つ☆の妹は地元の高校を卒業し東京の大学へ旅立っていきました。 大学卒業後も地元に戻ることはなくそのまま某企業へ就職。 地元には年に2度ほど帰省、盆と正月ですね。 学生の頃は両親が出す帰省費用を受け取っていたそうです。 さて、ここから、☆の…

母の考える娘たちの評価

親が子供を、本当はどう評価しているのか。 世間の私の妹の評価はいつも☆5つ、最高評価に近い。 生まれてから今までずっと優等生でいつも皆に一目置かれているような女の子。 容姿的にも清楚でいかにもどんな人にも好まれそうな気品を漂わせている感じ。 従…

切ないけど心に沁みる言葉

小さなころから生き物が好きで好きでいつも何かを拾ってきては怒られていた私。 『生き物は死ぬから飼いたくない』と母は言う。 こんな記事を目にしました。 「獣医さんに聞いたのですが“生き終わる”という言葉があるそうです。動物は自分が死んで、それによ…

聞きたくないだろうけど恋バナ ラテン系の場合

所変わってカナダでのお話。 当時、私は親友のスパニッシュ系カナダ人(Spanish Canadian)の彼女とアパートシェア(Sharing a Apartment)をしていました。 彼女の部屋は道路側、私の部屋は道路から反対の内庭側。 築100年は軽く経っていますが、2LDKのなか…

そんな父、中米コスタリカに留学する

そんな父が(どんな父?)どうやら夢を持っていたらしい。 母から唐突に報告を受けたとき、私は南米はチリ(República de Chile)、サンティアゴ・デ・チレ(Santiago de Chile)に住んでいました。 『お父さん留学するって』 へぇ~?どこに? 『コスタリカ(R…

父は箱入りお坊ちゃま お小遣い編

父方の祖母は父たち、祖母の子供たちが大好き。 私たち、祖母の孫たちは子供にくっついてくるただのおまけ。 祖母のお家に行くといつもお小遣いをくれます。 学生の頃はそれで良かったのですが、 私が働き出してから祖母にお小遣いを貰うと母が怒るんです。 …

父は箱入りお坊ちゃま ブレーカー落ちる編

父は世捨て人、ではありませんが世間ズレしたお坊ちゃまです。 ある日の早朝、もの凄く大きな雷が鳴り響きました。 私はちょうど出勤時間だったので、そのまま出掛けちゃいました。 毎日が日曜日(祝ご隠居★)の父はまだ寝ていたのでそのまま声もかけずに。 …

父は箱入りお坊ちゃま タイヤチェーン編

父はザ・文系男子。 外に出掛けるより、家の中で本を読んだりクラッシックを聴いたりNHK教育番組を見たりラジオ講座で勉強するのが好きなんだって。 父の愛用する一人掛けソファー、オットマン付きは父のお尻のかたちで凹んでます。 たまたま別の人が座ると…

うちのおばば警察を呼ぶ、編

私の実家のお隣は母方の祖父母のお家です。 祖父母のお家と実家は、もの凄ぉ~く低いお愛想程度の塀で境ってます。 あれは・・・そうカナダから久々の帰国をしたある午後の日。 日本にはかれこれ7年近く帰ってなかった私です。 父母は仕事だったので私は独り…

Christmas Dinnerの、雄叫び 

クリスマスの定番料理といえば何を思い浮かべますか? チキン?七面鳥?ローストビーフ?ガチョウ? 私はカナダで七面鳥をずっと食べていたので、当然?七面鳥が出てくると思っていました。 七面鳥じゃなくてもチキンは絶対だわっ、るんっ♪ ローストビーフも…

愚痴ぐちグチ・・・WHINGE(-"-)

◆WHINGE◆ スラングで、『愚痴を言う、不平不満を言う』という英単語。complainのこと。 愚痴って聞く方はうんざり、だけど、言う方はテンション上がっちゃうかな。 人生勿体ないような気がして、あまり溜めこまないようにしてるけど、 たまに、キィーーーー…

耳が遠いうちのじぃちゃん 当て逃げ編

私のおじぃちゃん、耳が遠い遠い。 いつもつけてる補聴器のボリュームが最大でピィーピィー音が漏れてくるので、 あっ、じぃちゃんが近くにいるな、と分かります。 最近、ご高齢者の運転の事故が頻繁にニュースになっていて、心が痛い。 みんな簡単に『運転…

Best of Luck ~その幸運とは?

Good Luck! 『別れ際に「ごきげんよう」「幸運を祈る」といった意味で用いられる挨拶の言葉』 ある年のある日・・・ 私は友人の待つとある町へ空路で向かっていました。 異常が起きたのは、着陸の時。 目の前に空港が見えているのになかなか着陸態勢に入らな…

Culture shock ~Acapulco編☆

カルチャーショック(Culture shock)とは、異文化に見たり触れたりした際、習慣・考え方・異文化の実像について、母国文化の常識と大幅に掛け離れていたり、自身が学校教育などで習得したその異文化に関する知識・情報と乖離しているため、心理的にショック…

南米社長は『おしん』の大ファン

男気溢れる私の社長は日本のNHK連続テレビ小説『おしん』が大好きです。 中南米では、想像を遙かに超えて人々に愛されている『おしん』です。 出会う人、知り合う人、見知らぬ人、すれ違うだけの人に「おちん(←スペイン語発音では、これ)」「おちん」と指…

なぜか働く事になる 南米編

日本と真反対の国、南米のとある国のとある町でご縁があり働くことになりました。 「縁がある」を辞書で調べると、「運命的な結びつき、関係を感じさせるさま、あるいは関係を持つ何らかのきっかけがあるさまなどを意味する表現。」だそうです。 社長と出会…

「可愛い!」を連発する彼、の正体

つい先日、久々に髪を切りました。 あ、ショートにしたって意味です(*^。^*) 私の場合ですが、海外生活が長いのでついついロングヘアーが定番になってしまうんです。 一番長い時でお尻が隠れるぐらい、3~4年切らなかった時があります。 亡くなった祖父が「…

猫が好き 帰国するぞ編

私の愛猫①はカナダ生まれのカナダ育ち、愛情たっぷりで育てたため、ちょっとおデブちゃん。 急きょ、日本で数年の滞在を余儀なくされたため、一緒に連れて帰る事に。 愛猫①初帰国! その頃は今のように猫についてはそれほど日本の法律は厳しくなかったのです…

Face up to racism <(`^´)>

たまに、『旅行先(外国)で差別された』と耳にします。 悲しい事ですが、感情、心がある私たちには一つの課題だと思います。 イギリス、ロンドンで私はりんごを売ってもらえませんでした。 汚い物を見るように私を見下したあの男の目は忘れることはないでし…

浦島太郎な話 キムタク編

キムタク 木村 拓哉(きむら たくや 1972年11月13日)は、日本の俳優、歌手、タレントで、男性アイドルグループ・SMAPのメンバー。「キムタク」の愛称が報道などで使われている。 日本に関する全ての情報源が妹であるため、 妹の好きな、あるいは気に入って…

浦島太郎な話 USJ編

USJ ユニバーサル・スタジオ・ジャパン (Universal Studios Japan, 略称USJ) 大阪府大阪市此花区にあるテーマパーク。 開園は、2001年3月31日らしい。 当然、私はこのテーマパークを知ることはありませんでした。 なぜなら、唯一の情報源の妹が興味がなか…

浦島太郎な話 イケメン編

海外で生活していた頃、 日本語のTVも日本語の新聞も見る機会がなかった私。 インターネットでの情報も、なぜか見ることがなかった私。 日常生活で日本語を話す機会もなかったので、浦島太郎状態。 ちなみに、日本の全ての情報は妹から仕入れてました。 ただ…

Tío limpie con un trapeador...

キューバ、首都ハバナにある在日本大使館の建物は個人的にとても気に入ってます。 白亜の建物・・・常夏の島・・・カリブ海の楽園キューバに、ぴったり! 青い空、青い海、白い建物・・・ (´∀`)♪ そんな素敵な建物に、裸足の薄汚い女(私)は臆することなく…

Mujer descalza

チュンチュン鳥のさえずりではなく、ぶひぶひっ子豚ちゃんのモーニングコールで目が覚めたハバナの朝。 パンのかけらをもらい、水を腹いっぱい飲み、お礼を言う。 「今夜も戻ってきていいからね」といっているらしい(スペイン語まだ分からないからね)優し…

Meddlesome ghost

夏が始まる前のこの時期、よくTVで見かけるのが心霊番組。 私には霊感は、全くありません。 霊感の強い友人は何人かいますが、一緒にいても私は何も感じる事はありません。 ただ、建物や部屋に関しては本能?直感?で「ここは住みたくない」「ここに居たくな…

Dormir con el cerdito...

ハバナにやっと到着したと思ったのに、在日本大使館に営業時間外だから明日来いと冷たく言われ、私はかなりのご立腹。 身ぐるみ全て剥がされた私なんかのために、あなた方は絶対に残業はいたしませんってことね。 ほぉ~。なるほどねぇ~。・・・覚えてろよっ…

私がブログを始めたきっかけ

今週のお題 ★「私がブログを始めたきっかけ」★ に参加してみよう! ブログは前々から興味はあったのですが、、、見るのも好きだし。 でも、私は人に伝える文章力もなく、文法も今一つ、話術もない、魅力もない、、、 ないないづくしでそのまま時は流れる一方…

Termino hoy

やっとハバナに到着ぅぅぅぅ~!!! なんとなんと、ほぼ34時間、、、←所要時間 こんなの余裕で日本に帰れてるよ・・・ あ、何のことかと言いますと、 サンティアゴ・デ・クーバから長距離バスに乗りはるばるとハバナにやってきた、って話です。 バスターミナ…

Autobuses de larga distancia de Cuba

長距離バスは外国人(観光客)専用のバス会社があって、外国人はこのバス会社のバスに乗るのが鉄則。なぜなら、地元(キューバ人)の人たちが乗るバスは超オンボロ、、、動くんかい???って感じの車・・・。 外国人専用のバスはチケット代も高く、でも、そ…

La Habana fue escapadas...

パスポートを再発行するため、今すぐハバナへ来いと簡単に言ってくれちゃう在日本大使館の担当者。 行けたら行っとるわっ!(怒) 行きたくても行けないから困ってるんじゃん・・・ぶぅ。 ま、どう説明したところでお金が無いという状況は変わらないし、わか…

Corazón de perdonar al ladrón

ノルウェー人の彼、私は彼から人を許す心を教えてもらいました。 ちょっといい話でしょ、ってまだ内容話していないけど・・・(笑) 信じていた人たちに裏切られ、薬を盛られ、何もかも盗られ、犯人を分かっているだろうにそいつらを隠し、故意に隠してはい…

Espacio de carga que estaba haciendo autostop...

今日は晴天! 青い空が広がっています。 気持ちいいぃぃぃぃぃ~♪ サンティアゴ・デ・クーバでの移動手段は、バス、タクシー、馬車、・・・えっと、後は、自転車、人力車、で、、、ヒッチハイク!が一般的。 バスやタクシーや馬車は、動いている本数がびっくり…

Hasta las cosas de lavado en seco...

今日も雨ですねぇ~ お洗濯物が困ります。。。 乾燥機はそんなに好きじゃないし、やっぱり太陽の匂いのついた洗濯物が好き! サンティアゴ・デ・クーバは、毎日一度は通り雨、スコール(chubasco)があった。 一瞬のスコールで、その後は晴天、太陽が気持ち良…